小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 B☆CAFE

B☆CAFEからのお知らせ

第19回松本清張賞最終候補となった『勇者たちへの伝言 いつの日か来た道』(応募時タイトル『いつの日か来た道』)についてお話しいただきました。
     
増山さん近影.jpeg  増山 実 (ますやま・みのる)
    
1958年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。
    
出版社に3年間勤務後、放送作家に。
     
放送作家としては、関西の人気番組「ビーバップ!ハイヒール」(朝日放送系)のチーフ構成などを担当。
     
2012年、「いつの日か来た道」で第19回松本清張賞最終候補に。
    
同作を改題した『勇者たちへの伝言』でデビュー。
    
他の著書に『空の走者たち』がある。



今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


勇者たちへの伝言.jpg  『勇者たちへの伝言 いつの日か来た道』 (ハルキ文庫)
ベテラン放送作家の工藤正秋は、阪急神戸線の車内アナウンスに耳を奪われる。「次は...いつの日か来た道」。謎めいた言葉に導かれるように、彼は反射的に電車を降りた。小学生の頃、今は亡き父とともに西宮球場で初めてプロ野球観戦した日を思い出しつつ、街を歩く正秋。いつしか、かつての西宮球場跡地に建つショッピング・モールに足を踏み入れた彼の意識は、「いつの日か来た」過去へと飛んだ―。




空の走者たち.jpg  『空の走者たち』 (角川春樹事務所)
2020年4月18日―。通信社の若手記者・田嶋庸介は興奮していた。陸連から発表された東京五輪女子マラソン日本代表3名の中に、円谷ひとみの名があったからだ。田嶋が7年前にこの少女と出会ったのは、福島県須賀川市。そこは、1964年の東京五輪マラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉と、ウルトラマンの生みの親・円谷英二の故郷であった。当時の円谷ひとみは、陸上をやめ、自分のやりたいことが見えず暗中模索する高校2年生。なぜ彼女は、日本を代表するランナーにまで成長できたのか。その陰には、東京五輪と「あの青空」によって結ばれた、不思議な出会いがあった...。

講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。その後野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞などを受賞した作家 椰月美智子先生にインタビューしました。
    
椰月美智子先生.jpg  椰月美智子(やづきみちこ)
   
1970年 神奈川県生まれ。
    
2002年 『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。
    
07年 『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、08年第23回坪田譲治文学賞を受賞。
   
著書に『14歳の水平線』『るり姉』『かっこうの親 もずの子ども』『その青の、その先の、』『伶也と』など多数。



最新刊『14歳の水平線』(双葉社)を中心にお話いただきました。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


(ブックレビュー:小説推理2015年9月号掲載)
14歳の水平線レビュー.jpg

葉真中先生お写真.jpg
  葉真中顕(はまなか・あき)
    
1976年東京生まれ。
2009年児童向け小説『ライバル』で角川学芸児童文学賞優秀賞受賞。
2011年より週刊少年サンデー連載漫画『犬部! ボクらのしっぽ戦記』にてシナリオ協力。
2012年介護問題をテーマとした『ロスト・ケア』にて第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しミステリー作家としてデビュー。
二作目の『絶叫』は、ひとりの女性の堕ちていく人生が話題となり、吉川英治文学新人賞や日本推理作家協会賞などの候補となる。


今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。

    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


ロストケア.jpg  『ロスト・ケア』(光文社)
     
戦後犯罪史に残る凶悪犯に降された死刑判決。その報を知ったとき、正義を信じる検察官・大友の耳の奥に響く痛ましい叫び―悔い改めろ!介護現場に溢れる悲鳴、社会システムがもたらす歪み、善悪の意味...。現代を生きる誰しもが逃れられないテーマに、圧倒的リアリティと緻密な構成力で迫る!
全選考委員絶賛のもと放たれた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。




絶叫.jpg  『絶叫』(光文社)
    
鈴木陽子というひとりの女の壮絶な物語。涙、感動、驚き、どんな言葉も足りない。貧困、ジエンダー、無縁社会、ブラック企業...、見えざる棄民を抉る社会派小説として、保険金殺人のからくり、孤独死の謎...、ラストまで息もつけぬ圧巻のミステリーとして、平凡なひとりの女が、社会の暗部に足を踏み入れ生き抜く、凄まじい人生ドラマとして、すべての読者を満足させる、究極のエンターテインメント!




『ロスト・ケア』は文庫版も発売中です。絶対読んでいただきたい一冊!

    
ロストケア文庫.jpg
     

きみすい2.jpg
     
    
デビュー作『君の膵臓をたべたい』が発売直後から重版に次ぐ重版!すでに映像化オファーが殺到しているという、作家 住野よる先生にインタビューしました。
    
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

きみすい1.jpg
     
『君の膵臓をたべたい』読んでめっちゃ泣きました...皆さまもぜひ!
     
    
デビュー作『君の膵臓をたべたい』が発売直後から重版に次ぐ重版!すでに映像化オファーが殺到しているという、作家 住野よる先生にインタビューしました。
    
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

鳴門 幸の鳥堂さんの「鳴門コウノトリ記録写真展」開催中!

09.05.2017

コウノトリ.jpg

本店2階ギャラリーにて開催中です! ぜひお立ち寄りください