小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 B☆CAFE

2012年9月 アーカイブ

B☆CAFEからのお知らせ

雑誌「月刊スカパー!」に作家・鈴木光司先生がコラムを連載中なのですが、今週発売された10月号にて当サイトをご紹介くださいました!先生ありがとうございます!
ちょうど4ヵ月前に、映画 『貞子3D』 のキャンペーンでご来県の際、弊社スタッフ一同楽しくお話させていただいて本当に夢のような時間を過しましたが、こんな田舎の小さな書店のことを憶えていてくださったなんて...感激です!
  
 ご来県時の様子はこちら → 書店あるある4コマ漫画~鈴木光司special~
  
当時(今でもたまに)、「あんな大物作家招くのって、相当お金かかったでしょ?」とよく言われたんですが...すみません、タダで来ていただきました...。
鈴木先生は徳島に呑み友(県民なら誰もが知ってる会社の社長さんです)がいらっしゃって、その方に弊社が仲良くしていただいてるご縁でお招きすることができました。ありがたいことです。「だからってタダはマズイでしょ!」とお思いでしょうが(弊社も思っているんですが)、そこが鈴木先生のすごいところで、情に厚く、遠方でも車・バイク・クルーザーをご自身で運転して駆けつける、お金は二の次。か、カッコ良すぎるでしょ!地位も名声もありながら偉そうにしないし、むしろサービス精神旺盛で楽しいお話で場を盛り上げてくださる。作家としてはもちろん、人物も大物なんですよ、だから大好き!尊敬します。
  
鈴木先生より「またオレのことも漫画に描いてよ ♪」とリクエストいただきましたので描きました!「神の要望」
  
4komasuzukisensei2.JPG
POP担当よ、さすがに鈴木先生でも「リングにかけろ」はご存知無いと思うぞ...
  
  
鈴木光司先生、またのご来県をスタッフ一同心よりお待ちしております!
  
  
小ものくんの4コマ漫画は毎週金曜日に掲載しております。
このダメな子をどうぞ応援してやって下さい... → 【これまでの小ものくん】
 
小ものくんツイッター → @komonokun

作家 木皿 泉先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

07.27.2018

木皿泉先生2.jpg
    
木皿 泉(きざら・いずみ)
1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。
2003年、初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞。
その他のテレビドラマに「野ブタ。をプロデュース」(05年)、「セクシーボイスアンドロボ」(07年)、「Q10」(10年)など。
また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、自身の脚本で連続ドラマ化(2013年)もされた。
ラジオドラマ、アニメ映画、舞台脚本などでも活躍。
著書に、シナリオブック『すいか 1・2』
『ON THE WAY COMEDY 道草(全4冊)』(すべて河出文庫)、
エッセイ集『二度寝で番茶』『木皿食堂』
『6粒と半分のお米 木皿食堂2』(すべて双葉文庫)、
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』(双葉社)など。



7/27~8/16放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

Twitter