小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 B☆CAFE

2015年9月 アーカイブ

B☆CAFEからのお知らせ

葉真中先生お写真.jpg
  葉真中顕(はまなか・あき)
    
1976年東京生まれ。
2009年児童向け小説『ライバル』で角川学芸児童文学賞優秀賞受賞。
2011年より週刊少年サンデー連載漫画『犬部! ボクらのしっぽ戦記』にてシナリオ協力。
2012年介護問題をテーマとした『ロスト・ケア』にて第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しミステリー作家としてデビュー。
二作目の『絶叫』は、ひとりの女性の堕ちていく人生が話題となり、吉川英治文学新人賞や日本推理作家協会賞などの候補となる。


今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。

    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


ロストケア.jpg  『ロスト・ケア』(光文社)
     
戦後犯罪史に残る凶悪犯に降された死刑判決。その報を知ったとき、正義を信じる検察官・大友の耳の奥に響く痛ましい叫び―悔い改めろ!介護現場に溢れる悲鳴、社会システムがもたらす歪み、善悪の意味...。現代を生きる誰しもが逃れられないテーマに、圧倒的リアリティと緻密な構成力で迫る!
全選考委員絶賛のもと放たれた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。




絶叫.jpg  『絶叫』(光文社)
    
鈴木陽子というひとりの女の壮絶な物語。涙、感動、驚き、どんな言葉も足りない。貧困、ジエンダー、無縁社会、ブラック企業...、見えざる棄民を抉る社会派小説として、保険金殺人のからくり、孤独死の謎...、ラストまで息もつけぬ圧巻のミステリーとして、平凡なひとりの女が、社会の暗部に足を踏み入れ生き抜く、凄まじい人生ドラマとして、すべての読者を満足させる、究極のエンターテインメント!




『ロスト・ケア』は文庫版も発売中です。絶対読んでいただきたい一冊!

    
ロストケア文庫.jpg
     

作家 木皿 泉先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

07.27.2018

木皿泉先生2.jpg
    
木皿 泉(きざら・いずみ)
1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。
2003年、初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞。
その他のテレビドラマに「野ブタ。をプロデュース」(05年)、「セクシーボイスアンドロボ」(07年)、「Q10」(10年)など。
また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、自身の脚本で連続ドラマ化(2013年)もされた。
ラジオドラマ、アニメ映画、舞台脚本などでも活躍。
著書に、シナリオブック『すいか 1・2』
『ON THE WAY COMEDY 道草(全4冊)』(すべて河出文庫)、
エッセイ集『二度寝で番茶』『木皿食堂』
『6粒と半分のお米 木皿食堂2』(すべて双葉文庫)、
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』(双葉社)など。



7/27~8/16放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif