小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 福島店

2012年10月 アーカイブ

福島店からのお知らせ

今年もあと2ヶ月と少し。
1年が飛ぶように過ぎていきます。

来年に備えて、手帳・日記帳・カレンダー・家計簿が次々届いています。

年賀状ソフトも種々あります。
CIMG2611.JPGCIMG2612.JPGCIMG2613.JPG

 

 

 

 

 

 

ご来店お待ちしております。

 

CIMG2610 の補正.JPGLOTTEx角川文庫
私の金色時間キャンペーン


 角川文庫のフェア帯についている応募券1枚でLOTTEアーモンドチョコレート10箱が当たる!!・・・・かも・・・・・

 

角川さんとLOTTEさんが"秋の夜に堪能したい本"として選んだ10名の作家さんの作品です。

秋の夜長を過ごすのにふさわしい本ばかりです。ゆったりとした時間をお楽しみ下さい。(横に、お茶とアーモンドチョコを置いておきましょう)

トリック・オア・トリート

CIMG2608.JPGのサムネール画像10月31日はハロウィーンです。

もとは、ケルト人の収穫感謝祭だったそうです。

日本でも楽しいイベントとして定着しつつあります。

でも、アメリカやカナダのように、知らないお家に行ってお菓子をもらう、なんてことはなかなか出来ないですね。(迎え入れるお宅もきらきらに飾り付けたり、お化け屋敷のように工夫したり、あるいはただ篭にお菓子を盛っているだけだったりと楽しいですけど。)

 

 

そこで、ハロウィーンのお話だとか、お化けの話だとか、ちょっと集めてみました。

ぜひ、見てください。

CIMG2602 の補正.JPGのサムネール画像

ただ今、"ESSE"のバックナンバーを置いています。2012年2月号、3月号、4月号、6月号です。
特別定価300円(税込)です。買い逃した方、今がお買い時です。
先着20名様に、『シリコン製たためるハート型ココットセット』差し上げます。

作家 木皿 泉先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

07.27.2018

木皿泉先生2.jpg
    
木皿 泉(きざら・いずみ)
1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。
2003年、初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞。
その他のテレビドラマに「野ブタ。をプロデュース」(05年)、「セクシーボイスアンドロボ」(07年)、「Q10」(10年)など。
また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、自身の脚本で連続ドラマ化(2013年)もされた。
ラジオドラマ、アニメ映画、舞台脚本などでも活躍。
著書に、シナリオブック『すいか 1・2』
『ON THE WAY COMEDY 道草(全4冊)』(すべて河出文庫)、
エッセイ集『二度寝で番茶』『木皿食堂』
『6粒と半分のお米 木皿食堂2』(すべて双葉文庫)、
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』(双葉社)など。



7/27~8/16放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

Twitter