小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 福島店

2013年1月 アーカイブ

福島店からのお知らせ

もえぶん・・それは『萌(える)文具』
ということで、当店にお目見えです。


CIMG2676.JPG今回は「夏目友人帳」と「ゆるゆり」のメモ帳、レシートフォルダです。

手にとってご覧下さい。

バレンタインまで一ヶ月をきりました。
どんなお菓子を贈ろうか迷っている方はぜひ当店のレシピ本をご覧下さい!
お菓子作りに慣れていない方、今年はハイレベルなお菓子に挑戦してみたい方、濃厚な味が好きな方、健康面を考慮したお菓子に興味のある方など、様々な種類の本を揃えております。
チョコレートだけでなく、シュークリーム、ケーキ、アップルパイ、アイスなどの作り方も載っているので、バレンタインの時期が過ぎてもずっとお役に立ちます!
CIMG2674.JPG

昨年末からの小山助学館の手提げ袋(大・中)のイラスト、お気づきになりましたか?


片面は当社の公式キャラクター"こものくん"です。そして、もう片面のかわいいキャラクターを描いてくださったのが、こんどうゆみこさんです。


福島店では こ の こんどうさんの原画を展示しています。


 


CIMG2669 の補正.JPG


『こんどうさん』コーナーでは、原画イラストはもちろん、ポストカードやヘアゴム、ヘアピンなどの手作り小物も販売しています。


顔がほころんでしまう、フンワリあったかい絵を飾ってみませんか?お部屋が明るくなることまちがいなし!!


 

          こんどうさんが、一人黙々と設置している図→CIMG2659 の補正.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんどうさんのことを詳しくお知りになりたい方は、こんどうさんのブログ"こんどうゆみこのふにゃふにゃぶろぐー。"をご覧下さい(徳島の住人ですよー)。http://ameblo.jp/yhtac/

作家 遠田潤子先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

12.01.2017

最新刊『オブリヴィオン』(光文社)についてお話しいただきました。

遠田先生.jpg
 遠田潤子(とおだ・じゅんこ)


1966年大阪府生まれ。関西大学文学部独逸文学科卒。

2009年『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。

12年『アンチェルの蝶』が第15回大藪春彦賞候補になる。

14年刊行の『雪の鉄樹』が文庫化された16年に〝本の雑誌が選ぶ文庫ベストテン第一位〟に選ばれ、一気にブレイクした。

他に『カラヴィンカ』『あの日のあなた』『蓮の数式』『冬雷』など。現在、新作が最も注目される作家のひとり。



今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


オブリヴィオン.jpg『オブリヴィオン』(光文社・1728円)
森二が刑務所を出た日、塀の外で二人の「兄」が待っていた―。自らの犯した深い罪ゆえに、自分を責め、他者を拒み、頑なに孤独でいようとする森二。うらぶれたアパートの隣室には、バンドネオンの息苦しく哀しげな旋律を奏でる美少女・沙羅がすんでいた。森二の部屋を突然訪れた『娘』冬香の言葉が突き刺さる―。森二の「奇跡」と「罪」が事件を、憎しみを、欲望を呼び寄せ、人々と森二を結び、縛りつける。更に暴走する憎悪と欲望が、冬香と沙羅を巻き込む!森二は苦しみを越えて「奇跡」を起こせるのか!?



『オブリヴィオン』特設ページ

Twitter