小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 本 店

映画『貞子3D』鑑賞記念4コマ漫画『くどいようだが お前じゃない』

4komakudoi.JPG
山本裕典さん、さすが桜蘭高校ホスト部部長!イケメンっすね~
 
 
映画『貞子3D』観てきました!
3D初体験でした。貞子さんやらガラスの破片やら、とにかく飛び出す飛び出す!ただの背景も奥行きがあって、現実にその場所に居るみたいな錯覚が...今の技術すごいですね~。音の効果と合わせて、何度ビクッ!っと怯えたことか...。ストーリーは先にノベライズとコミカライズで知ってましたが(若干違いましたが)、それでもあの映像は観る価値が充分あるものでした。
 
「リング」シリーズの原作や映画をご存知の方は、その知識で逆に戸惑うことになるかもしれません。なので、シリーズのことは忘れ、全く新しい映画を観る気分でご覧下さい。「リング」シリーズを全く知らずに観る方は、そのまますんなり楽しめると思います。でもホントに怖いですよ~(笑)
 
とにかくいっぱい怖がって、おかげでイヤな事もすっかり忘れて、映画館出たら不思議と元気になってる!そんな映画でした。ぜひ観て下さい、おススメですよー!

作家 簑輪諒さんが「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

06.05.2015

学研にて.jpg
左から(株)学研パブリッシング 早川さん・簑輪 諒さん・小山助学館 大平
     
昨年、デビュー作『うつろ屋軍師』が第19回歴史群像大賞入賞、今年3月には徳島藩祖・蜂須賀家政が主人公の『殿さま狸』を発表した簑輪 諒さんにインタビューしました。
     
minowasensei.jpg  簑輪 諒(みのわ・りょう)
   
1987年生まれ。栃木県宇都宮市出身。埼玉県さいたま市在住。
    
2014年、第19回歴史群像大賞入賞作『うつろ屋軍師』でデビュー。
丹羽家の敗者復活劇を描いた同作は、「この時代小説がすごい!2015年版」にランクインしたほか、「第4回歴史時代作家クラブ新人賞」の候補にも選ばれた。
    
2015年、徳島藩祖・蜂須賀家政を主人公にした『殿さま狸』を発表。


今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


うつろや.jpg
 『うつろ屋軍師』
    
清州会議で秀吉を支持した丹羽長秀。だが123万石の大大名になった時、丹羽家取り潰しの未来は決まってしまった!秀吉による4万石への大減封に空論で抗い、遂に理想を実現させた、新米家老・江口正吉と城郭マニアな若殿・長重による戦国最大の敗者復活劇!






殿さま.jpg
 『殿さま狸』
    
国か、御家か、息子の命か、それらを全て失うのか? 絶体絶命の天下分け目の戦いで東西両軍をあっと化かした、蜂須賀家二代目による「関ケ原一の奇策」とは? 阿波踊りをはじめた男は、大名にして商売人、なによりも川並衆だった! 徳島藩祖の痛快な半生!