小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 本 店

2015年9月 アーカイブ

本 店からのお知らせ

小山助学館 週間ランキング(9/21~9/27)
  
konshuno.gif
  
文芸書・ビジネス書
1位 火花
2位 八男って、それはないでしょう! 6
3位 君の膵臓をたべたい
4位 用務員さんは勇者じゃありませんので 3
5位 スクラップ・アンド・ビルド
    
文庫・新書
1位 飛躍 交代寄合伊那衆異聞
2位 ロスジェネの逆襲
3位 大放言
4位 えんじ色のカーテン 杉原爽香〈42歳の冬〉
5位 天空の蜂
   
コミック
1位 東京喰種-トーキョーグール-:re 4
2位 スキップ・ビート! 37
3位 MAJOR 2nd 2
4位 FAIRY TAIL 51
5位 3月のライオン 11

小山助学館 週間ランキング(9/14~9/20)
  
konshuno.gif
  
文芸書・ビジネス書
1位 火花
2位 徳島あるある
3位 君の膵臓をたべたい
4位 だから、生きる。
5位 スクラップ・アンド・ビルド
    
文庫・新書
1位 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9
2位 飛躍 交代寄合伊那衆異聞
3位 はたらく魔王さま! 14
4位 えんじ色のカーテン 杉原爽香〈42歳の冬〉
5位 エロマンガ先生 5 和泉紗霧の初登校
   
コミック
1位 魔法使いの嫁 4
2位 ばらかもん 12
3位 黒子のバスケ EXTRA GAME 前編
4位 FAIRY TAIL 51
5位 終わりのセラフ 9

刀剣乱舞ーONLINEーラバーストラップコレクション第二部隊.jpg
    
1個500円(税別) 主様おひとついかがです?

着物地をリメイクしたチュニックやかばん・小物などなど
     
抹茶堂1.jpg
    
抹茶堂2.jpg
    
抹茶堂3.jpg
    
抹茶堂4.jpg
    
販売期間 9月14日(月)~27日(日) 本店ギャラリーにて
ご来店お待ちしております♪ヾ(≧∇≦)

小山助学館 週間ランキング(9/7~9/13)
  
konshuno.gif
  
文芸書・ビジネス書
1位 火花
2位 君の膵臓をたべたい
3位 
4位 徳島あるある
5位 くるねこ 其の16
    
文庫・新書
1位 黒子のバスケーReplace- 6 キセキの遠征
2位 僕は友達が少ない 11
3位 NARUTOイタチ真伝 光明篇
4位 ロスジェネの逆襲
5位 大放言
   
コミック
1位 黒子のバスケ EXTRA GAME 前編
2位 ワールドトリガー 12
3位 終わりのセラフ 9
4位 トリコ 36
5位 To LOVEる-とらぶる-ダークネス 14

刀剣乱舞にいてんごくりっぷー内番編第一弾ー.jpg
    
1個370円税別です。 誰が出るかな?(*ゝω・*)ノ

小山助学館 週間ランキング(8/31~9/6)
  
konshuno.gif
  
文芸書・ビジネス書
1位 火花
2位 晴れた日には鏡をわすれて 改訂新版
3位 徳島あるある
4位 くるねこ 其の16
5位 スクラップ・アンド・ビルド
    
文庫・新書
1位 僕は友達が少ない 11
2位 緋弾のアリア 21 秋霜烈日の獅子
3位 大放言
4位 物理さんで無双してたらモテモテになりました 4
5位 ロスジェネの逆襲
   
コミック
1位 進撃の巨人 17
2位 テラフォーマーズ 14
3位 七つの大罪 16
4位 無邪気の楽園 8
5位 世界一初恋~小野寺律の場合 10

抹茶堂さんのハンドメイドグッズ2.jpg
     
着物地をリメイクしたチュニックやかばん・小物などなど(写真は一例)です。
     
抹茶堂さんのハンドメイドグッズ3.jpg
    
販売期間 9月14日(月)~27日(日) 本店ギャラリーにて
ご来店お待ちしております♪ヾ(≧∇≦)

作家 遠田潤子先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

12.01.2017

最新刊『オブリヴィオン』(光文社)についてお話しいただきました。

遠田先生.jpg
 遠田潤子(とおだ・じゅんこ)


1966年大阪府生まれ。関西大学文学部独逸文学科卒。

2009年『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。

12年『アンチェルの蝶』が第15回大藪春彦賞候補になる。

14年刊行の『雪の鉄樹』が文庫化された16年に〝本の雑誌が選ぶ文庫ベストテン第一位〟に選ばれ、一気にブレイクした。

他に『カラヴィンカ』『あの日のあなた』『蓮の数式』『冬雷』など。現在、新作が最も注目される作家のひとり。



今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


オブリヴィオン.jpg『オブリヴィオン』(光文社・1728円)
森二が刑務所を出た日、塀の外で二人の「兄」が待っていた―。自らの犯した深い罪ゆえに、自分を責め、他者を拒み、頑なに孤独でいようとする森二。うらぶれたアパートの隣室には、バンドネオンの息苦しく哀しげな旋律を奏でる美少女・沙羅がすんでいた。森二の部屋を突然訪れた『娘』冬香の言葉が突き刺さる―。森二の「奇跡」と「罪」が事件を、憎しみを、欲望を呼び寄せ、人々と森二を結び、縛りつける。更に暴走する憎悪と欲望が、冬香と沙羅を巻き込む!森二は苦しみを越えて「奇跡」を起こせるのか!?



『オブリヴィオン』特設ページ

Twitter