小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 本 店

2018年4月 アーカイブ

本 店からのお知らせ

徳島文學創刊号.jpg
    
徳島文学協会の文芸誌『徳島文學』創刊号発売中です。
表紙には名だたる文士がズラッと...これはぜひともご一読を。
"徳島の文学シーンを彩る、まったく新しい文芸誌"です。

弊社社長が先月発売のこの新刊にえらく関心を示しておりまして、近く入荷すると思いますのでその際にはあらためてご案内いたします。
著者名に見覚えが...と思ったら四国大学の須藤先生でした。
   
武田親類衆.jpg
   
『戦国史研究叢書16 武田親類衆と武田氏権力』(須藤茂樹・岩田書院)
    
本書は、著者の戦国大名甲斐武田氏に関する研究をまとめたもので、穴山氏をはじめとする親類衆(親族衆)の動向を中心に、訴訟・外交・宗教など、さまざまな観点から、支配と権力という側面を重視する。主として1988から1993年ころにかけて発表したものに、近年の発表論文を加え、そのごの成果については付記で触れた。

作家 木皿 泉先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

07.27.2018

木皿泉先生2.jpg
    
木皿 泉(きざら・いずみ)
1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。
2003年、初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞。
その他のテレビドラマに「野ブタ。をプロデュース」(05年)、「セクシーボイスアンドロボ」(07年)、「Q10」(10年)など。
また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、自身の脚本で連続ドラマ化(2013年)もされた。
ラジオドラマ、アニメ映画、舞台脚本などでも活躍。
著書に、シナリオブック『すいか 1・2』
『ON THE WAY COMEDY 道草(全4冊)』(すべて河出文庫)、
エッセイ集『二度寝で番茶』『木皿食堂』
『6粒と半分のお米 木皿食堂2』(すべて双葉文庫)、
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』(双葉社)など。



7/27~8/16放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

Twitter