小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 本 店

「町の本屋さん」の魅力を伝える 『本屋図鑑』

honyazukan.JPG

『本屋図鑑』 (得地直美/本屋図鑑編集部・夏葉社1785円)
    
2009年の創業以来、コツコツと良書を作り続ける社員1名の出版社「夏葉社」。代表取締役の島田潤一郎さんはとてもシャイな方ですが、本作りへのピュアでひたむきな情熱が素晴らしい、素敵な方です。
島田さんの作る本に、ましてや『本屋図鑑』と銘打った本書で当店をご紹介いただいたのは、本当に光栄で誇らしく思います。これからも『本屋図鑑』で紹介されるにふさわしい、地域から愛される「町の本屋」でありたいとあらためて感じました。
著者は島田さんともうおひとり、全国の書店員が毎日必ずチェックしているであろうブログ「空犬通信」の管理人 空犬さん。島田さんからそのことを聞いた時「ええっ!あの空犬さんですか!」とデカイ声で島田さんをビビらせてしまいました。そのくらい業界では有名な、博識な方です。
このお二人がタッグを組んで作られた『本屋図鑑』、いまだかつてこれほど本屋愛を感じる本はありませんでした。写真は一切なく、得地直美さんの素敵なイラストをたくさん使うことでさらに魅力が増し、素晴らしい仕上がりとなっています。
本と本屋を愛するすべての方に読んでいただきたい一冊です。
    
    
 以下は夏葉社様の公式サイトより引用。
    
「子どものころから通っていた、町の小さな本屋さんの魅力を本にしたい。そんなふうにずっと思ってきました。幼いころ、本屋さんで過ごしたたくさんの楽しい思い出が、いまも、ぼくを、本好きに、本屋さん好きにしています。では、どのようにその魅力を語るか。伝えるか。『本屋図鑑』の章立ては、下記のようになっています。
   
1章 本屋さんの中町の本屋さんの中には、どのような棚があるの?
   
全国の本屋さんの棚を例に、「文芸書棚」「旅行書棚」「学習参考書棚」など、本屋さんの棚の基本を、紹介します。たとえば、「学習参考書棚」は本屋さんのどこらへんにあって、どういう棚づくりをしているのとか、そういうことを一から書いています。もっとも力を入れた章のひとつです。出てくる本屋さんは、愛知の七五書店、高知の金高堂本店など。
    
2章 町の本屋さん
   
本屋さんはいったいどこにあるの?全国の本屋さんを例に、「駅前にある本屋さん」「商店街にある本屋さん」「学校の前にある本屋さん」など、立地別に本屋さんを紹介します。出てくる本屋さんは、長崎は五島列島の菊屋書店、新潟の萬松堂など。子どものころに通っていた本屋さんを思い出す、心あたたまる章です。
    
3章 本屋さんの棚をじっくり見る。
    
もっともっと、本屋さんの棚をしっかり見たい。そんな気持ちでつくった章です。すべてではないですが、本の背や、表紙も見えるくらいに、こまかくイラストを描いています。だから、どの本の横にどの本があるのか、わかるんです。いつまでも眺めていたい章です。出てくる本屋さんは、東京のあゆみBOOKS小石川店、熊本の長崎書店などです。
    
4章 もっといろんな本屋さん
    
もっとも大変で、もっとも取材が楽しかった章です。「空港にある本屋さん」「病院にある本屋さん」「海の見える本屋さん」「最北端にある本屋さん」などなど。ここは、見てのお楽しみということで(笑)。
    
5章 本屋さんの歴史
    
戦後から2013年までの本屋さんの歴史を20ページにわたって、書いています。渾身の章です。
    
その他、附録として、「本屋さんの一日」「知っておきたい本屋さん用語集」「本屋さんをもっと知る本三〇冊」「コラム・インタビュー」もあります。あがた森魚さんに、1960年代の新宿について、聞いたりしています。
     
『本屋図鑑』には、1枚の写真も入っていません。全国約70の書店を、すべて、イラストレーターの得地直美さんが、イラストで描き起こしてくれました。イラストにこだわったのも、「町の本屋さん」の魅力を伝えたいためです。執筆者は、本屋さんに関するブログ「空犬通信」を日々更新する空犬さんと、ぼくです。
全国の本屋さん好き、そして、町の本屋さんに捧げたい一冊です。」
    
(引用元 : 夏葉社公式サイト
    
    

作家 遠田潤子先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

12.01.2017

最新刊『オブリヴィオン』(光文社)についてお話しいただきました。

遠田先生.jpg
 遠田潤子(とおだ・じゅんこ)


1966年大阪府生まれ。関西大学文学部独逸文学科卒。

2009年『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。

12年『アンチェルの蝶』が第15回大藪春彦賞候補になる。

14年刊行の『雪の鉄樹』が文庫化された16年に〝本の雑誌が選ぶ文庫ベストテン第一位〟に選ばれ、一気にブレイクした。

他に『カラヴィンカ』『あの日のあなた』『蓮の数式』『冬雷』など。現在、新作が最も注目される作家のひとり。



今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif


オブリヴィオン.jpg『オブリヴィオン』(光文社・1728円)
森二が刑務所を出た日、塀の外で二人の「兄」が待っていた―。自らの犯した深い罪ゆえに、自分を責め、他者を拒み、頑なに孤独でいようとする森二。うらぶれたアパートの隣室には、バンドネオンの息苦しく哀しげな旋律を奏でる美少女・沙羅がすんでいた。森二の部屋を突然訪れた『娘』冬香の言葉が突き刺さる―。森二の「奇跡」と「罪」が事件を、憎しみを、欲望を呼び寄せ、人々と森二を結び、縛りつける。更に暴走する憎悪と欲望が、冬香と沙羅を巻き込む!森二は苦しみを越えて「奇跡」を起こせるのか!?



『オブリヴィオン』特設ページ