小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 本 店

はじめてメガネをかける子どもの不安を描く心温まる物語 『メガネをかけたら』

meganewokaketara.JPG
『メガネをかけたら』 (作/ くすのきしげのり 絵/ たるいしまこ・小学館1575円)
    
「メガネをかけなくてはならなくなった女の子が主人公です。クラスには、メガネをかけている子なんて一人もいないので、どうしてもメガネをかけたくありません。「頭が良くなるならかけるわ」とか、「宇宙まで見えるならかけるわ」とか、難癖をつけます。朝会のある日、やっとメガネをかけて学校に行ってみると......。    
くすのきしげのり作の『おこだでませんように』と『ふくびき』に続く感動作第3弾です。はじめてメガネをかける子どもの不安を描く心温まる物語です。」
    
著者 くすのきしげのりさんは、徳島が誇る児童文学作家様です。「心豊かに生きる」をテーマに、大学在学中より始めた創作童話・絵本・詩・童謡など児童文学の創作活動と小学校の教育現場における「徳育」を中心とした教育活動を続けてこられました。また、徳島県鳴門市立図書館副館長在職中には、民間との共同運営をはじめ、全国に先駆けた公立図書館における数々の改革や読書活動の推進に携わるなど、徳島を代表する文化人のお一人です。
本書は、第59回 青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(小学校低学年)に選定されたことにより、今売れに売れております。ぜひ店頭で、お手に取ってご覧下さい。

作家 谷津矢車先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

09.09.2019

谷津先生.jpg
   
9/13~放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif