小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 本 店

徳島市街詳地図今昔 番外編2「八万村役場と乗合馬車発着所」

shoutizu.JPG
『徳島市街詳地図』(小山東洋著・小山助学館発行・500円)
  
弊社は1906年(明治39年)に創業しました。その年、創業者・小山弥平により作られたのがこの『徳島市街詳地図』です。(「小山東洋」はペンネームです)
漢学者だった弥平は、本を書いて出版社に売り、それを元手に書店を開業しました。「人々の学問の助けになりたい」という想いから社名を「助学館」とし、その志は100年以上経った今も受け継がれております。しかし、当時は地方にまで本が流通せず、新刊も続々と出るわけではありません。そこで、自ら本を作り、売ったのが、弊社の出版事業の始まりであり、その一つがこの地図なのです。
徳島駅を中心に、南北は秋田町から旧下助任村、東西は旧安宅村から旧佐古村までの範囲が描かれ、学校・病院・旅館・その他、主な施設名が記された、100年前の徳島を知る上で貴重な史料です。
  
徳島市街詳地図を持って、当時の名残を探します。徳島市街詳地図今昔番外編「八万村役場と乗合馬車発着所」です。当時の八万は徳島市ではありませんでした。
hatiman1.jpg
  
  
南二軒屋町の八万東保育所に、八万地区文化おこし委員会が設置した標識があります。当時の名残は残っていません。
hatiman2.jpg
  
  
明治22年施行の町村制により、下八万村、沖浜村、山城屋浜村が合併して誕生した八万村は、従前の徳島二軒屋町外三村役所に村役場を設置しました。昭和12年4月1日徳島市が併合したので八万出張所になりました。
hatiman3.jpg
  
  
明治38年に八万村役場前付近と那賀郡羽ノ浦村を結ぶ乗合馬車路線が開設されました。一頭立て8人乗り馬車で輸送にあたりましたが、大正2年開通した徳島ー小松島間の鉄道に乗客を奪われて廃業に追い込まれました。
hatiman4.jpg
  
  
徳島市街詳地図今昔番外編2は「八万村役場と乗合馬車発着所」でした。

作家 谷津矢車先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

09.09.2019

谷津先生.jpg
   
9/13~放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif