小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 郷土書

小山助学館が戦前に発行した阿波踊りの絵葉書21~25

ツイッターで連載中の「小山助学館が戦前に発行した阿波踊りの絵葉書」21~25をまとめました。
    
戦前の阿波踊り絵葉書をご案内します。去年発売した、復刻版 阿波踊り絵葉書その1とその2からご案内していきます。
awaodori1.bmp awaodori2.JPG
『阿波おどり絵葉書その壱』  『阿波おどり絵葉書その弐』 1セット5枚入り 各500円
    
        
第21回です。写真下部に 奇抜極マル徳島之盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。撮影年、場所、発行年は不明です。「復刻版 阿波踊り絵葉書その1」からです。昨日までご案内していた彩色版の奇抜~には無かった写真が使われています。同じシリーズ名で白黒版、彩色版ともに何種類も写真が有りそうです。残念ながら弊社にはあまり残っていないため、全貌がつかめません。
ha021.JPG
    
    
第22回も去年発行した「復刻版 阿波踊り絵葉書その1」からです。写真下部に 奇抜極マル徳島之盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。撮影年、場所、発行年は不明です。
ha022.JPG
    
    
第23回も去年発売の「復刻版 阿波踊り絵葉書その1」からです。写真下部に 奇抜極マル徳島之盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。撮影年、場所、発行年は不明です。
ha023.JPG
    
    
第24回も去年発売の「復刻版 阿波踊り絵葉書その1」からです。写真下部に 御大典奉祝踊 其五 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。場所は不明です。
天皇の即位を内外に示す即位式と新天皇がその年の新穀を神と共に食する大嘗祭、この二つは前天皇の喪が明けた年の秋冬の間に行われていました。この二つの儀礼をセットにしたのが御大典です。昭和の御大典は、昭和3年11月10日即位式、14日から15日にかけて大嘗祭が行われました。
御大典奉祝踊りは、御大典を祝って昭和3年11月10日から20日の11日間にわたって行われました。よってこの絵葉書の撮影時期はこの間になります。当然発行時期はそれ以降ということになります。
ha024.JPG
    
    
第25回です。写真下部に 御大典奉祝踊 其七 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。背景に「香川」の看板があります。これは戦前まで西新町で営業されていた「香川時計店」さんの看板です。香川さんのご主人に確認しましたので、間違いありません!画面には写っていませんが、香川時計店さんの向かって右隣が、この絵葉書を発行した西新町小山助学館です。
ha025.JPG
    
第2回でもご案内しました現在の西新町アーケード前の横断歩道になっているここで撮影されています。
ha002no2.JPG
    
御大典奉祝踊りは、昭和3年11月10日から20日までの11日間行われました。撮影時期はその間になります。発行はそれ以降になります。
     
第21回から今回までの絵葉書は、去年発行の「復刻版 阿波踊り絵葉書その1」(5枚入り、500円)からご案内しています。

作家 木皿 泉先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

07.27.2018

木皿泉先生2.jpg
    
木皿 泉(きざら・いずみ)
1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。
2003年、初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞。
その他のテレビドラマに「野ブタ。をプロデュース」(05年)、「セクシーボイスアンドロボ」(07年)、「Q10」(10年)など。
また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、自身の脚本で連続ドラマ化(2013年)もされた。
ラジオドラマ、アニメ映画、舞台脚本などでも活躍。
著書に、シナリオブック『すいか 1・2』
『ON THE WAY COMEDY 道草(全4冊)』(すべて河出文庫)、
エッセイ集『二度寝で番茶』『木皿食堂』
『6粒と半分のお米 木皿食堂2』(すべて双葉文庫)、
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』(双葉社)など。



7/27~8/16放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

Twitter