小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 郷土書

小山助学館が戦前に発行した阿波踊りの絵葉書30~35

ツイッターで連載中の「小山助学館が戦前に発行した阿波踊りの絵葉書」30~35をまとめました。
    
第30回です。写真下部に 三百年来踊り続けた徳島之盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。発行年は不明です。大まかな場所はわかります。背景に「新町百貨店」の看板があります。新町のどのあたりにあったか判れば、ご案内します。4人の踊り手の胸元にご注目!右から「松竹キネマ株式会社」、3人目「徳島繁栄組渡(?)船部」、4人目(左端)「松竹キネマ両国」とあります。松竹キネマ系の両国座は、大正11年に両国橋北詰東側に開業しました。昭和4年全焼して、翌年再建しました。
haga030.JPG
    
    
第31回です。写真下部に 三百年来踊リ続ケタ徳島之盆踊 其七 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。場所、撮影年、発行年は不明です。
ha031.JPG
    
    
第32回です。写真下部に 三百年来踊り続けた徳島之盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。撮影年、場所、発行年は不明です。
ha032.JPG
    
    
第33回です。写真下部に 三百年来踊り続けた徳島之盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。撮影年、場所、発行年は不明です。
ha033.JPG
    
    
最終回です。写真下部に 奇抜極マル徳島ノ盆踊 徳島市西新町小山助学館発行 とあります。撮影年、場所、発行年は不明です。
ha034.JPG
    
今回で戦前の阿波踊り絵葉書のご案内は終了します。当時の阿波踊りは現在のとは少し違うものだったみたいですね。今日から阿波踊りが始まりますが、本店はいつもと同じ時間帯で営業しています。(支店は時間変更有り)阿波踊りのついでに立ち寄ってください!

作家 木皿 泉先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

07.27.2018

木皿泉先生2.jpg
    
木皿 泉(きざら・いずみ)
1952年生まれの和泉務と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。
2003年、初の連続ドラマ「すいか」で第22回向田邦子賞、ギャラクシー賞受賞。
その他のテレビドラマに「野ブタ。をプロデュース」(05年)、「セクシーボイスアンドロボ」(07年)、「Q10」(10年)など。
また、初めて手がけた小説『昨夜のカレー、明日のパン』(河出書房新社)は2014年本屋大賞第2位、山本周五郎賞にもノミネートされ、自身の脚本で連続ドラマ化(2013年)もされた。
ラジオドラマ、アニメ映画、舞台脚本などでも活躍。
著書に、シナリオブック『すいか 1・2』
『ON THE WAY COMEDY 道草(全4冊)』(すべて河出文庫)、
エッセイ集『二度寝で番茶』『木皿食堂』
『6粒と半分のお米 木皿食堂2』(すべて双葉文庫)、
『お布団はタイムマシーン 木皿食堂3』(双葉社)など。



7/27~8/16放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

Twitter