小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 郷土書

2012年10月 アーカイブ

郷土書からのお知らせ

昭和の初めに小山助学館が発行した「阿波十二景絵葉書」を復刻しました!
jyunikeiposta.jpg
  
絵葉書に写っている場所を探しました。今回は海部郡の八坂八濱(やさかやはま)です。
まずは昭和初期の八坂八濱。
yasakayahama0.JPG  
  
  
そして今の八坂八濱。ここは見つけるのに苦労しました!
決め手は海の向こうの島の形と、岩の左側に木が生えている。
yasakayahama1.jpg
  
  
すぐ横を国道が通っていて、砂浜はほとんどないです。
yasakayahama2.jpg
  
  
岩のところには波消しブロックがあります。
yasakayahama3.jpg
  
  
岩の向こう側は大砂海水浴場です。
yasakayahama4.jpg
  
  
砂浜は狭くなっていますが、綺麗な海です。
yasakayahama5.jpg
  
  
阿波十二景今昔、第2回は海部郡の八坂八濱でした。残り十景も探します!

昭和の初めに小山助学館が発行した「阿波十二景絵葉書」を復刻しました!
jyunikeiposta.jpg
  
絵葉書に写っている場所を探しました。最初に探したのは海部郡の鞆浦(とものうら)です。
まずは昭和初期の鞆浦。
tomonoura0.JPG
  

そして今の鞆浦。
山の形が変わってないのですぐわかりました。漁港になっていて、漁船がたくさん!
tomonoura1.JPG
  
  
真ん中の三角の岩は防潮堤で見えなくなっているので、防潮堤から撮ったのがこれ。
tomonoura2.jpg
  
  
景色がとても綺麗!今回は撮っていないですが、情緒のある町並みが残っています 。
tomonoura3.jpg
  
  
阿波十二景今昔、第1回は海部郡の鞆浦でした。残り十一景も探します!

『徳島市街詳地図』発売中!

03.08.2019

弊社刊行物最大のヒット商品『徳島市街詳地図』発売中です!
    
shoutizu.JPG
『徳島市街詳地図』(小山東洋著・小山助学館発行・500円+税)
 
弊社は1906年(明治39年)に創業しました。その年、創業者・小山弥平により作られたのがこの『徳島市街詳地図』です。(「小山東洋」はペンネームです)
漢学者だった弥平は、本を書いて出版社に売り、それを元手に書店を開業しました。「人々の学問の助けになりたい」という想いから社名を「助学館」とし、その志は100年以上経った今も受け継がれております。しかし、当時は地方にまで本が流通せず、新刊も続々と出るわけではありません。そこで、自ら本を作り、売ったのが、弊社の出版事業の始まりであり、その一つがこの地図なのです。
   
shoutizu.JPG
   
徳島駅を中心に、南北は秋田町から旧下助任村、東西は旧安宅村から旧佐古村までの範囲が描かれ、学校・病院・旅館・その他、主な施設名が記されています。100年前の徳島を知る上で貴重な史料ですが、ただぼんやり眺めて、100年前にタイムスリップするのも面白いですよ!

Twitter