小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 鳴門店

2012年7月 アーカイブ

鳴門店からのお知らせ

DSCI0057.JPG


 鳴門の阿波踊りも間近に迫ってきました。
 桟敷の設置作業も今日から始まって、現在進行形でどんどん組みあがっていっています。
 それに伴い駐車場への入り口がひとつ塞がれた形になって車が入りにくくなってしまっていますが、これも夏の風物詩とご理解のほどよろしくお願いいたします。

 
 鳴門の阿波踊りの日程は、
 8月8日(水)に「選抜阿波おどり大会」を。
 8月9日(木)~8月11日(土)の3日間、当店前に組まれる演舞場で「鳴門市阿波おどり」が行なわれます。
(なお、「選抜阿波おどり大会」の前売り券は当店で販売中です)


 それと、当店でも小山助学館オリジナルうちわの無料配布も始めました。
 店内の目立つところに置いてありますので、ご自由にお持ち帰りください。


DSCI0056.JPG

DSCI0055.JPG


 入って直ぐに、でーんと出迎えるシャチ。

 タウトク8月号の宣伝物ということで目立つ位置に飾らせてもらいました。

 当然、その下にはタウトク8月号が山積みになっています。
 さすがに今回は場所を聞かれることも少ないでしょうね。


DSCI0054.JPG

DSCI0043.JPGのサムネール画像 戦前、大日本帝国陸軍内に密かに設立された異能のスパイ組織があった、通称『D機関』。
 そのスパイたちの暗躍を彩り、好評を博した「ジョーカー・ゲーム」に続く2作目がこの「ダブル・ジョーカー」です。
 今回は、新たに陸軍内に設立された『風機関』との暗闘を描いた表題作の「ダブル・ジョーカー」、結城大佐の伝説のスパイ時代を描く「柩」といった5編に加え、単行本では未収録の「眠る男」も収録されています。
 スパイたちの颯爽とした騙し合いに果たして皆様は真相にたどり着けるでしょうか?
 ぜひ、一読して欲しいスパイ・ミステリーです。

DSCI0048.JPG


















 ガオッ!

 ――という声が聞こえてきそうな勢いですね。
 鳴門店ではただいま仕掛け絵本を大幅にリニュアルしました。


DSCI0050.JPG

DSCI0051.JPG








 
 多種多様に見ごたえがあるものばりです。
 お子様と一緒にぜひご覧になっていってください。

 夏もだんだん本番になってきましたね。
 それに伴い鳴門の阿波踊りも近くなってきました。
 もう既にご存知かもしれませんが、ポスターが例年採用されていた「NARUTO」から「クリィミーマミ」に変わっています。
 当店でも下記の画像のように外から見える場所に張り出していますので、近くにお立ち寄りの際にはご覧になっていってください。


 鳴門の阿波踊りは、8月8日(水)に「選抜阿波おどり大会」を。
 8月9日(木)~8月11日(土)の3日間、当店前に組まれる演舞場で「鳴門市阿波おどり」が行なわれます。
(なお、「選抜阿波おどり大会」の前売り券は当店で販売中です)


DSCI0045.JPG

 お知らせが遅くなりましたが、「新潮文庫の100冊」と「ナツイチ」の文庫を下記の画像のように展開中です。これで夏の文庫の定番はひと通りそろいました。
 今年は新潮文庫が『Yonda? ブックカバー』、集英社文庫がナツイチのマスコットキャラである『ハチのスタンプ』が付いてきます(新潮文庫に関してはその場ではなく、お客様に応募してもらう形になっています)。
 各出版社とも選りすぐりの本ばかり。
 きっと、お客様の眼鏡にかなう本があると思います。


DSCI0041.JPGDSCI0042.JPG

 福島店に続いて、鳴門店でも花火の販売を始めました。
 場所は入り口のすぐ近くです。
 たぶん、外からでも花火が並んでいるのが分かるかと思います。
 夏の賑わいにおひとついかがでしょうか?


DSCI0044.JPG
 

『徳島市街詳地図』重版決定!ご予約受付中!

02.14.2019

弊社刊行物最大のヒット商品『徳島市街詳地図』の重版が決定しました!
3月上旬出来予定です。刷り部数が少ないので、ぜひご予約の上、お買い求めください。
    
shoutizu.JPG
『徳島市街詳地図』(小山東洋著・小山助学館発行・500円+税)
 
弊社は1906年(明治39年)に創業しました。その年、創業者・小山弥平により作られたのがこの『徳島市街詳地図』です。(「小山東洋」はペンネームです)
漢学者だった弥平は、本を書いて出版社に売り、それを元手に書店を開業しました。「人々の学問の助けになりたい」という想いから社名を「助学館」とし、その志は100年以上経った今も受け継がれております。しかし、当時は地方にまで本が流通せず、新刊も続々と出るわけではありません。そこで、自ら本を作り、売ったのが、弊社の出版事業の始まりであり、その一つがこの地図なのです。
   
shoutizu.JPG
   
徳島駅を中心に、南北は秋田町から旧下助任村、東西は旧安宅村から旧佐古村までの範囲が描かれ、学校・病院・旅館・その他、主な施設名が記されています。100年前の徳島を知る上で貴重な史料ですが、ただぼんやり眺めて、100年前にタイムスリップするのも面白いですよ!

Twitter