小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 鳴門店

2012年9月 アーカイブ

鳴門店からのお知らせ

 旅に出るきっかけ。
 笑顔になるきっかけ。
 誰かと出会うきっかけなど。
 いろいろな助けになりそうな本を集めた、いろは出版の「きっかけ本フェア」を行なっています。
 何かを始めるきっかけにいかがでしょう?


DSCI0068.JPG


 それとイベント台に三笠書房とアスペクトの雑学本を集めました。
 下記の画像のように廉価な文庫本とソフトカバーの組み合わせになっています。
 秋の夜長のお供にぜひどうぞ。


DSCI0069.JPG

 一年が過ぎるのは早いもので、もう9月半ばですね。
 鳴門店にもそろそろ来年に向けた商品が入ってくるようになりました。
 暦や手帳、そして「カレンダー」です。
 今年も広くカレンダーのコーナーを作る予定で、現在は下記の画像のようにどんどん拡張しています。
 場所は去年と同じく、左側のイベント台の奥です。
 お立ち寄りの際はぜひご覧になっていってください。


DSCI0066.JPG  DSCI0067.JPG

 夏休みが終わって早くも1週間ぐらいが経ちましたね。
 受験生の方はそろそろ本腰を入れ始めている頃でしょうか?
 学習参考書のコーナーも夏休み向けのものから、高校入試関連へと入れ替えが済んでいます。
 厳しい受験に勝ち抜く為にも早め早めにご準備くださいませ。


DSCI0062.JPG

空飛ぶ広報室

DSCI0063.JPG

不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。待ち受けるのはひと癖もふた癖もある先輩たち!? 渾身のドラマティック長篇小説。



 さすがは『最強の』恋愛小説家と書かれるだけあって、描かれた自衛隊のリアリティは目に見えるほどです。そして、自衛隊だからこそ織り成されるドラマは必見の一言。ついつい先が気になって読み進めてしまいました。あと、追加書き下ろしされた「あの日の松島」も、ぜひ読んで頂きたい物語です。読んで頂ければ、この短編を加えるために発売を延期していた理由がよく分かると思います。

 好評だった雑学フェアに引き続き、今度は河出書房新社のふくろうの本シリーズを展開しています。
 写真や図説をふんだんに使ってわかりやすく、そしてカラーの綺麗なビジュアルがよく目を引くことでしょう。
 お立ち寄りの際は一度ご覧になってください。
 興味を惹かれる本があるかもしれませんよ。
DSCI0061.JPG

鳴門 幸の鳥堂さんの「鳴門コウノトリ記録写真展」開催中!

09.05.2017

コウノトリ.jpg

本店2階ギャラリーにて開催中です! ぜひお立ち寄りください

Twitter