小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 鳴門店

鳴門店のまわり

鳴門店からのお知らせ

DSCI0057.JPG


 鳴門の阿波踊りも間近に迫ってきました。
 桟敷の設置作業も今日から始まって、現在進行形でどんどん組みあがっていっています。
 それに伴い駐車場への入り口がひとつ塞がれた形になって車が入りにくくなってしまっていますが、これも夏の風物詩とご理解のほどよろしくお願いいたします。

 
 鳴門の阿波踊りの日程は、
 8月8日(水)に「選抜阿波おどり大会」を。
 8月9日(木)~8月11日(土)の3日間、当店前に組まれる演舞場で「鳴門市阿波おどり」が行なわれます。
(なお、「選抜阿波おどり大会」の前売り券は当店で販売中です)


 それと、当店でも小山助学館オリジナルうちわの無料配布も始めました。
 店内の目立つところに置いてありますので、ご自由にお持ち帰りください。


DSCI0056.JPG

 夏もだんだん本番になってきましたね。
 それに伴い鳴門の阿波踊りも近くなってきました。
 もう既にご存知かもしれませんが、ポスターが例年採用されていた「NARUTO」から「クリィミーマミ」に変わっています。
 当店でも下記の画像のように外から見える場所に張り出していますので、近くにお立ち寄りの際にはご覧になっていってください。


 鳴門の阿波踊りは、8月8日(水)に「選抜阿波おどり大会」を。
 8月9日(木)~8月11日(土)の3日間、当店前に組まれる演舞場で「鳴門市阿波おどり」が行なわれます。
(なお、「選抜阿波おどり大会」の前売り券は当店で販売中です)


DSCI0045.JPG

『徳島市街詳地図』発売中!

03.08.2019

弊社刊行物最大のヒット商品『徳島市街詳地図』発売中です!
    
shoutizu.JPG
『徳島市街詳地図』(小山東洋著・小山助学館発行・500円+税)
 
弊社は1906年(明治39年)に創業しました。その年、創業者・小山弥平により作られたのがこの『徳島市街詳地図』です。(「小山東洋」はペンネームです)
漢学者だった弥平は、本を書いて出版社に売り、それを元手に書店を開業しました。「人々の学問の助けになりたい」という想いから社名を「助学館」とし、その志は100年以上経った今も受け継がれております。しかし、当時は地方にまで本が流通せず、新刊も続々と出るわけではありません。そこで、自ら本を作り、売ったのが、弊社の出版事業の始まりであり、その一つがこの地図なのです。
   
shoutizu.JPG
   
徳島駅を中心に、南北は秋田町から旧下助任村、東西は旧安宅村から旧佐古村までの範囲が描かれ、学校・病院・旅館・その他、主な施設名が記されています。100年前の徳島を知る上で貴重な史料ですが、ただぼんやり眺めて、100年前にタイムスリップするのも面白いですよ!

Twitter