小山助学館 - Koyamajyogakukan

小山助学館

小山助学館 プレイガイド

映画「永遠の0」特別試写会にご招待!

0WEB用ロゴ.JPG
    
2013年12月21日(土) 全国東宝系ロードショー
【原作】百田尚樹「永遠の0」(太田出版)
【監督・VFX】山崎貴 【脚本】山崎貴、林民夫 【音楽】佐藤直樹
【出演】岡田准一、三浦春馬、井上真央 
     濱田 岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學
     風吹ジュン、平幹二朗、橋爪 功、夏八木勲
    
1WEB用メイン.JPG
Ⓒ2013「永遠の0」製作委員会
       
シネマサンシャイン北島にて、12月17日(火)18時30分より上映の、映画「永遠の0」特別試写会に20組40名様をご招待いたします!
ご希望の方は、当店1階レジに備え付けの申し込み用紙にご住所・お名前等をご記入の上、応募箱へ。当選者の発表は、シネマサンシャイン北島様より招待状の発送をもってかえさせていただきます。
   
↓ 試写会詳細に関しましてはシネマサンシャイン北島様HPにて ↓
 http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/kitajima/news/
    
    
原作本絶賛発売中!2006年の初版当時から口コミで売れ続け、いまや累計発行部数350万部を超える国民的ベストセラーとなった感動作です。
    
eiennozero.jpg
『永遠の0』 (百田尚樹・講談社文庫920円)
  
「日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた......。 人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。
祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。 元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り......それが祖父だった。
「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻に志願したのか?
健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。」

作家 谷津矢車先生が「小山助学館ブックカフェ」にご出演!

09.09.2019

谷津先生.jpg
   
9/13~放送予定です。
今すぐ聴きたい!という方はこちらから。何度でも聴くことができます。
    
 ★B-FM791 「小山助学館ブックカフェ」 →  bookcafe0.gif

Twitter